サプリ

プロペシアの副作用を知ることが大切|髪の毛を元気にするコツ

成人男性の薄毛治療

薄毛はお医者さんで治すことができます。処方される薬がプロペシアで抜け毛防止に効果がありますが、副作用のリスクがあります。安全にプロペシアを使用するためにも専門の医師の診断を受け十分に理解してから使用することです。

AGA治療薬の種類

男性

男性ホルモンに作用する

AGAとは男性型脱毛症のことです。ほとんどの男性は年齢とともに髪の毛が薄くなることが知られていますが、その中でもまだ薄毛になるには若い段階の人がなるものがAGAと呼ばれます。以前は育毛という手段でしか対応できませんでしたが、原因究明の研究が進み、その原因が男性ホルモンが作用しているということがわかり、現在では効果的な治療薬があります。その治療薬がプロペシアです。プロペシアはもともとはプロスカーと呼ばれる商品名で前立腺肥大や前立腺癌の治療薬として使われていたものが、その副作用として増毛作用があることがわかり、AGA治療薬として研究され販売されたのがプロペシアになります。プロペシアの有効成分はフィナステリドで、プロスカーよりも低用量の1mgが含まれています。このフィナステリドの働きとしては、5α-還元酵素を阻害する働きを持っています。5α-還元酵素は男性ホルモンのテストステロンをDHT(ジヒドロテストステロン)に変換する作用がありますが、フィナステリドによってそれが阻害されます。現在ではDHTが抜け毛の原因とされており、これによって原因を取り除きます。プロペシアの副作用としては、ホルモンバランスが崩れることによる頭痛や腹痛、下痢、眠気などで、そのほかの副作用として胃部不快感や頻尿などが報告されています。またプロペシアは男性ホルモンにのみ作用するので女性の抜け毛には効果がありません。なお、フィナステリドは前立腺肥大も抑える働きがあるので、副作用として頻尿がありますが、反対にいえば前立腺肥大によって排尿に問題があった場合にはそれらを改善するケースもあります。

事前に理解しておこう

AGAの治療薬であるプロペシアは、服用することで副作用が起こる可能性があります。性欲減退やEDといった性機能の障害や、腹痛や下痢、発疹、稀に肝機能障害などが起こる可能性があります。どのような副作用が起こる可能性があるのかを理解して服用することが大切です。

男性型脱毛症の改善のため

男性型脱毛症は、酵素によるテストステロンの変化が原因となっています。しかしプロペシアを服用すれば、テストステロンを守ることが可能となります。ただし過剰に服用すると、勃起不全などの副作用が起こることがあるので、用量を守ることが大事です。具体的には、1日に1mgずつの服用を6ヶ月ほど続けるのです。