男の人

プロペシアの副作用を知ることが大切|髪の毛を元気にするコツ

男性型脱毛症の改善のため

サプリメント

効果や用量

男性型脱毛症は、体内で分泌されるテストステロンというホルモンが、酵素の影響でジヒドロテストステロンに変化することが原因となっています。ジヒドロテストステロンは、毛乳頭の働きを阻害するので、それにより髪が抜けやすくなったり生えにくくなったりするのです。そのため男性型脱毛症に悩む男性の多くが、改善のためにプロペシアを服用しています。プロペシアとは、テストステロンを酵素から守る成分で作られている、男性型脱毛症の治療薬です。しかしプロペシアの服用後には、勃起しにくくなる可能性があります。また、勃起しても射精が困難だったり、射精しても精液の量が少なかったりという副作用が起こることもあります。これは、テストステロンが精液の産生にも大きく関わっているホルモンだからです。プロペシアによって過剰に保護されれば、テストステロンは本来の力を十分には発揮できなくなります。そのため産生される精液が減り、上記のような副作用が起こるわけです。逆に言えば、過剰に保護しなければ、副作用は起こりにくいということです。処方した医師の指示通り、適量を適したタイミングで服用していれば、副作用を高確率で回避できるわけです。具体的には、1日に1回、1mgずつ服用することが、安全で効果的とされています。効果が出てくるのは、個人差があるものの、一般的には服用の約6ヶ月後となっているので、それまでは用量を守りながら服用を続ける必要があります。