男の人

プロペシアの副作用を知ることが大切|髪の毛を元気にするコツ

事前に理解しておこう

メンズ

AGAの治療薬として知られているプロペシアですが、服用することで副作用が起こる場合があります。プロペシアを服用して副作用が起こる確率は2%以下といわれていますが、誰にでも起こる可能性があります。どのような症状があるのかを理解したうえで、プロペシアを服用することが重要になります。プロペシアの副作用としてよく知られているのは、男性の性機能に関するものです。プロペシアはもともと男性の前立腺肥大のための薬として開発されています。その副効果として発毛効果が見られたことから改めてAGAの薬として製造されているため、男性ホルモンに影響を与えてしまうと考えられています。そのため、勃起不全や性欲の減退、精子の質の低下が起こることがわかっており、赤ちゃんが欲しいと考えているカップルはプロペシアの服用には注意が必要になります。稀に重篤な副作用として、肝機能に障害が起こることがありますが、男性の性機能障害よりも起こる可能性は低くなっています。また、一般的な医薬品を服用した時と同様の副作用として、胃の不快感や発疹、頭痛や下痢といった症状が現れることもあります。何かしらの症状が現れた時には、プロペシアの服用をストップしておいた方が良いでしょう。これらの副作用はプロペシアを服用したら確実に起こるというものではありませんし、何らかの症状が出たとしてもプロペシアの服用をストップすることでこれらの症状は自然と改善されていくことがほとんどです。