男の人

プロペシアの副作用を知ることが大切|髪の毛を元気にするコツ

成人男性の薄毛治療

男の人

薄毛はお医者さんで治す

テレビCMなどでも、薄毛はお医者さんで治しましょうとよく耳にする通り、育毛サロン等ではなく頭髪治療専門の医療機関で治すのが主流となってきています。メスを入れて施術するのではなく、プロペシアやミノキシジルの薬を中心に処方して治療を行っていきます。プロペシアが薄毛治療に有効的な理由ですが、薄毛・抜け毛は男性ホルモンが還元酵素5αリダクターゼによりジヒドロテストステロンへと変化します。このジヒドロテストステロンは、毛根に作用して本来衰退期になると髪の毛は寿命で抜け落ちるのですが、それが健康な髪の毛でまだ成長期にあるにも関わらず抜け落ちてしまうのです。その還元酵素5αリダクターゼの分泌量を減らしジヒドロテストステロンが生成がされるのを抑えてくれるのがプロペシアなのです。継続して飲み続けることで、抜け毛がおさまってきます。しかし、副作用のリスクがあります。プロペシアは成人男性用の薬です。未成年の方が服用するには親の同意が必要です。また、女性でも薄毛に悩まれている人がいますが、女性は絶対にプロペシアの服用は禁止です。妊娠中の方が服用した場合、生まれてくる男の子の生殖器に異常をきたす恐れがあります。これだけ、人体に影響のある薬ですので、副作用のリスクもありますし、成人男性だけに処方が許されているのです。また、肝機能が落ちている人がプロペシアを服用しても副作用で肝機能障害を起こす恐れがあります。そのため、副作用の心配がないように専門の医師の診断を受け説明を聞いて理解した上で服用することです。